2010年02月13日

どこからでも同じデスクトップ環境を

いつでも同じデスクトップ環境にアクセスできたら便利だとおもいませんか?

会社のパソコン、旅行先のホテル、ネットカフェ、自宅のパソコン。

今では色々なところでネットアクセス環境があり便利ですが、パソコンが変わってしまうとできると、当然デスクトップも変わってしまいます。

そうなると、WEBアクセスするだけならいいですが、何かの作業をそのまま別の環境で継続したりはできません。

そんな時、「いつも使っているデスクトップ環境をそのままどこでもアクセスできたらいいな」なんて思ったことはありませんか?

一般的には「Windowsのリモートデスクトップを使えばできる」のですが、そのためには常にメインのパソコンの電源を入れておくことと、そのパソコンにインターネットからのアクセスが必要です。

無駄な電力消費とセキュリティの心配があります。

そこでオススメするのが、インターネット上に仮想のデスクトップをもてる「Startforce」です。Startforce

Startforceはブラウザ上で閲覧できるデスクトップです。容量5GBまでの個人プランなら無料です。

使い方はWindowsのデスクトップとほとんど代わりがありません。

主要なOfficeファイルが開けたり、メールもそのデスクトップの中のメーラで表示できます。インスタントメッセンジャーもあったりします。

初期登録時は英語ですが、ユーザ登録後、スタートメニューの「preference」から言語を日本語に設定できます。そうすると、使い慣れた日本語デスクトップ環境が出来上がります。

デスクトップテーマも変えられ、自分好みのデスクトップが作れます。ファイルをデスクトップに散らかすのもよし、フォルダで整理しておくのもよし。

単にデスクトップが用意されるだけでなく、メーラやオフィスソフトも用意されています。

エクセルやパワーポイントファイルが開けるだけでなく、編集も可能なんです。

高いOfficeソフトがなくてもWORD、EXCEL、PowerPointと同じドキュメントが作成できちゃいます。

つまり、会社で作成途中のOffice資料を、自宅に帰った後もそのまま編集できるのです。会社のセキュリティポリシーでNGの場合も多いでしょうが。

メールについてもインターネットからのPOPやIMAPアクセスを許可しているサーバから、メール受信が行えます。

使い方は無限です。



posted by daisuky at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | WWW上の便利なサービス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。