2006年05月22日

英語(中国語、韓国語など)のサイトを日本語で見る方法

ネット上で調べ物をしていると、英語や中国語の外国語サイトにたどり着くことがあります。英語ができればいいのですが、できれば日本語で内容を確認したいものです。

そこでWEBサイトを日本語で読む方法を2つご紹介します。
1つ目はWEBサイトを丸ごと翻訳してしまう方法。

これは翻訳ソフトを購入してもできますが、ここでは以下の2つのWEB上の無料翻訳サービスを紹介。
  • Exciteのウェブページ翻訳(英語、中国語、韓国語)
  • Googleの言語ツール;WEBページを翻訳する(日本語へは英語のみ)


最近は英語が上達したおかげ(?)もあり、あまり使わなくなりましたが、以前はよくExciteを利用していました。

使い方は簡単です。どちらも翻訳したいWEBサイトのURLを指定しボタンを押すだけです。翻訳には時間がかかるので、少しの間待つ必要がありますが、WEPページ丸ごと翻訳してくれるので助かります。もちろんおかしな日本語がたくさん表示されますが、なんとなくはわかるので、まったく読めない状態よりはだいぶましです。

2つ目は単語や特定の文章だけを翻訳する方法。

まず文章ですが、こちらもExciteの「テキスト翻訳」が便利です。

翻訳したい文章全体はもちろん、文中の部分だけなども指定できます。
なので「この構文の意味がわからない」という場合など重宝します。私にとってこのサイトは現役で活躍しています。

また英語の文書を書く場合に、「この表現であっているかな?」と確認したい場合にも使えます。自分で書いた英文を入力して、期待通りの日本語の意味が出るかを確認するわけです。これが結構便利です。

単語だけなら用途によってすこし使い分けをしたほうが便利です。

まず辞書代わりとして使いたい場合のおススメは「アルク」です。こちらは単語の意味はもちろん、発音記号、用例など受験生が使うレベルの内容があります。これが無料で使えるので大変便利です。一番活用しています。

同様のサービスは「goo」でもあります、あしからず。

最後に英語のWEBサイトを閲覧していて、特定の単語だけその場ですぐに知りたいときがありますよね。上述した「アルク」などを開いて検索するのでも良いのですが、このようなときに便利なのが、「Googleツールバー」です。

Googleツールバーの最新版には「マウスオーバー辞書」機能が付いています。これは、ブラウザ上で英単語の上にマウスをあわせると、小さく日本語の意味を表示してくれます。なので長文を読んでいるときにいちいち他のサイト(上述したような翻訳サービス)にジャンプしたり、画面を切り替えたりする必要が無いので、大変便利です。

ただしこの「マウスオーバー辞書」には欠点があります。過去形、現在進行形など、変形された単語に対応していません。これが改善されれば、より便利になるのですが。

オンラインである限り、電子所書は不要です。逆に言えば、ネット接続していないと使えないのが難点ですが。。。

オフラインで使うなら専用ソフトしかないですね。
posted by daisuky at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | ネットで英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

タガログ語の発音
Excerpt: タガログ語の発音は簡単です!海外での役立つ仕事情報もあります。のぞいてみてください。
Weblog: タガログ語@入門
Tracked: 2006-08-16 15:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。