2006年05月27日

外国ネットカフェなど日本語環境の無い英語PCで日本を入力するには

海外旅行留学先で日本の家族・友人と連絡を取るのに、インターネットは便利です。主要ホテルのロビー、無料WiFiネットカフェなど、無料もしくは低料金で使えるところが多くあります。以前に紹介したWEBメールを使えば、世界中のどこにいても、メールの送受信が行えます。

ここで問題になるのが日本語です。当然のことながら日本語OSではないので、日本語が正常に閲覧、入力できない可能性が高いです。
閲覧に関しては、ブラウザの設定で簡単に日本語表示させることができたりしますので、問題はないかと思います。またあらかじめ多言語表示できる設定になっていたりするので、日本語が表示されないことは滅多に無いと思います。

問題は日本語入力です。Windowsをお使いの方は通常Windows標準のIMEか、ATOKをお使いと思いますが、英語環境のPCに日本語入力ソフトは入っていません。

そこで手段は2つ。

1つはWindows標準の日本語入力設定を追加する方法です。

これは友人やご自分お持ちのPCなら問題ないのですが、ネットカフェやホテルのPCなどでは勝手にインストールできません。

そこで2つ目ですが、これはWEBサイト上で日本語変換します。以下リンクです。

Ajaxを使った日本語 Full IME

使い方は
  1. WEBページを表示し入力欄にカーソルを合わせる

  2. CTRLボタンを押しながら数字の9ボタンを押します。これで日本語入力モードになります(あくまでこのページの中だけ)
  3. あとは普段お使いのとおりローマ字入力で日本語を打ち込み、スペースで変換するだけ

  4. 文章が打ち終わったら、入力した文章をコピー

  5. WEBメールの本文に貼り付けて送信


便利です。
posted by daisuky at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | メールに関する知恵袋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

デジタル旅行術@ 英語PCで日本語入力@海外旅行
Excerpt: 海外旅行中ネットカフェに行けばPCはあります。 インターネットはブラウザさえあれば出来るわけです。 日本よりも海外の方がネットカフェは見つかりやすかったりもします。 しっかし! ..
Weblog: digital divide(デジタルデバイド)に負けない
Tracked: 2008-12-11 10:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。