2007年03月09日

今の英単語なんて意味だ?スペルは?を調べる【メルマガ vol.15 】

わからない英単語はどう調べます?

辞書で調べる?そうですね。それが一番ベストです。

でも正しいスペル(綴り)がわからない場合、困りますよね。仕事や趣味で英語の文章単語を調べる必要があるかと思います。

そんな場合も、ネットが使える環境ならオンライン辞書を使うのがおススメです。

英単語だけでなく、文章やフレーズ、または特定のページ全体を翻訳してくれる無料のサービスがあり、以前紹介しています。
(以前の記事はコチラ⇒ http://easyhint.seesaa.net/article/18205603.html

しかし、いずれのオンライン辞書も正しい綴りで調べない限り、翻訳してくれません。

困るのは、聞き取ったけど意味がわからない単語を調べるとき。正しいスペルがわかりません。


そんなときに使えるのがGoogleです。Googleの検索です。


そう、単なるGoogle検索が使えます。

というのも、Google検索では間違ったスペルで検索しても、似たような綴りの検索結果を候補として紹介してくれます。

例えばトラブル(trouble)という単語を調べるのに「troube」とエルを抜いて検索すると「もしかしてtrouble」とご丁寧に聞いてくれます。

つまりコレを利用します。

たぶんこんなスペルかな?と思う綴りでいったんGoogleで検索し、「もしかしたら・・・」に出てくる英単語をオンライン辞書で調べる。

これであいまいな綴りの英単語も問題なく調べられます。


なお、そのままGoogleの検索で

「英和 xxxx」

と意味を調べたい英単語の前に「英和」と入れて検索すると、アルクの辞書での検索結果へのリンクが一番に表示されます。

アルクのオンライン辞書は文例などが豊富なので、私は気に入って使っています。

また、英単語の正しい発音を知りたい場合などは、gooの辞書検索がおススメです。gooの英語辞書にはすべてではありませんが、主要な単語の正しい発音の音声ファイルが付いています。


以下に各サービスのURLを紹介します。

英単語を調べる:
アルク http://www.alc.co.jp/index.html
goo http://dictionary.goo.ne.jp/

文章翻訳、サイト翻訳:
エキサイト文章 http://www.excite.co.jp/world/
エキサイトサイト http://www.excite.co.jp/world/english/web/
google http://www.google.co.jp/language_tools?hl=ja

ご活用ください!


といっても、ネットがつながらない環境ではやはり電子辞書がベストです(^_^;)
SHARP 電子辞書 PW-M800 ( 22コンテンツ, コンパクトサイズ)
SHARP 電子辞書 Papyrus (パピルス) PW-AT750 (手書きパッド・音声対応・100コンテンツ/能力チェック搭載モデル)
posted by daisuky at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネットで英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35550217
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。