2013年06月20日

自宅のインターネットセキュリティ

自宅のインターネットのセキュリティを気にするなら、
  • Chrome ブラウザ

  • GMail

と言う組み合わせがベストだと思う。
先日、友達から URL だけが記載されたメールが送られて来た。

リンクをクリックしてみたい衝動にかられつつも、取り敢えず辞めておいた。

理由は
最近はもっぱら Facebook 上でしかやり取りしてなく、普段メールを送ってこない相手
同報の宛先は皆知らないアドレス
なんの説明も無い
と言うごくごく一般的な理由。

案の定、翌日には Facebook 上て本人がメールからスパムが送られたみたいでゴメン、と言う報告をしていたので、怪しいリンクである事は街がいなかったようだ。


一般的に個人宅のパソコンのセキュリティリスクは、ウィルスやマルウェアの感染で、感染経路はメールの添付ファイルか、スパムメールで送りつけられ誘導される怪しいサイトへのアクセスである。

よほど脆弱性の高いまま24時間起動しっぱなしで無い限り、外部からインターネット経由で侵入される事はあまりない。

まして無線LANルーターなどで宅内LANを組んでいる場合はなおさらだ。

ウィルスやマルウェアは、基本的にはユーザーによって何かしらのプログラムを実行させる事で感染させるので、極端な事を言えば、何も起動しないのが、安全なのである。

GMail を使えば、メールは全てブラウザ上で読め、添付ファイルも一般的なものならブラウザ上プレビューで来てしまう。

しかもgmail自体でウィルススキャンもしてくれる。

そして、強力な迷惑メールフィルタが付いているので、スパムメールは皆無だ。

先の例の様に、知り合いのメールとして送られたメールは、迷惑メールフィルタをすり抜けてくるが、本文に記載された URLをクリックしても、異なるタブで開き、タブ同志は独立しているので、怪しいサイトにつながったとしても、gmailのデータが取られるなどの心配はまずない。

それでも心配な場合は、Chromeシークレットモードでリンクを開けば、さらに安心だ。リンクを右クリックすると表示されるメニューから、クッキーなどの情報を一切送信しない状態の素のブラウザでリンクを表示できる。

ブラウザとしての Chrome は、今のところとてもセキュリティ性能が高いので、通常のウェブブラウジングでもオススメだ。
posted by daisuky at 22:07 | Comment(0) | WWW上の便利なサービス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。