2008年03月09日

お祝いにほしいものは「ウィッシュリスト」に

お祝い事にはプレゼント。

結婚や出産など、おめでたい出来事のときは同僚や友人たちでプレゼントを贈ることも多いと思います。

一人でプレゼントを贈る場合はあまり気になりませんが、複数人で一緒にプレゼントを贈る場合など、結構面倒です。

贈り物を買ってプレゼントする場合、ほしいものを確認し、買い物に出かける必要があります。出産祝いなどは現金のほうが喜ばれるかもしれません。

またお金の徴収も、会社内など近場のメンバーならいいのですが、学生時代の友人など、離れ離れの人たちからお金を徴収するのは一苦労です。

そんな時は、送る相手にウィッシュリストを作ってもらいましょう。


ウィッシュリスト(wish list)とは、その名のとおり「ほしいものリスト」です。お祝いを受ける人があらかじめ「ほしいものリスト」を作っておいて、お祝いをする人たちはその中から商品を選んでプレゼントするというもの。

アメリカなどでは、昔からよくある風習で、結婚するカップルが新居の食器やテーブルウェアのほしいものリストを特定のお店で作成しておき、みなに知らせておきます。お祝いする人たちはその店に行き、お祝い相手がほしいものの中から商品を選んでプレゼントすると言うわけです。

さすがアメリカ人。非常に効率的なお祝い方法だと思いませんか?

これと同じようなことがアマゾン(Amazon.co.jp)でもできちゃいます。

使い方はいたって簡単。

まずはお祝いを受ける人に「アマゾンでウィッシュリストを作って」とお願いしましょう。

お祝いを受ける人は、「なんか催促しているようで申し訳ない」と思わずに、ほしいものをとりあえずウィッシュリストに追加していきましょう。

ウィッシュリストを作るには、Amazonのアカウントを作成する必要があります。無料ですので登録しちゃいましょう(^^)v

Amazonに作成したアカウントでログインしたら、ほしい商品を見つけ、各商品紹介ページの右側にある「ウィッシュリストに追加する」をクリック!

ほしいものが追加されたら、各商品の個数や優先度を設定しましょう。\(^o^)/

画面右上にある「ウィッシュリスト」をクリックすると、ログインしているアカウントのウィッシュリストが表示されます。

「希望の数」「優先度」などを各商品ごとに設定できます。

また、重要なポイントとしては、ウィッシュリスト画面の右側にある「設定内容を変更する」から以下を設定し忘れないようにしましょう。
  • ほしい物リストの公開/非公開で、「特定の人に公開する」を選択。(「公開する」でもOK
  • 必ずお届け先住所を登録しましょう


ほしいものリストが作成できたら、あとは「このリストをメールで友達に知らせる」ボタンからメールを送信しましょう。




「やっぱり現金を贈りたい」という場合も大丈夫。
さすがにアマゾンでは現金は贈れませんが、「アマゾンギフトカード」が贈れます。要するにアマゾンの商品券です。

いかがですか?是非ウィッシュリストを活用してみてください。


posted by daisuky at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | WWW上の便利なサービス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。